婚活ガイドネット
婚活ガイドネット > 婚活 > 自分の悪い癖を見付けてくれる結婚相談所の有り難さ

自分の悪い癖を見付けてくれる結婚相談所の有り難さ

自分ではきちんとした姿勢で座っているつもりであっても、何処かのタイミングで自分の悪い癖が出て知らずに他人に悪い印象を与えている可能性もあります。

 

恋愛においても自分では分かりにくい癖があって、それが原因でシングルになっていることもあるかもしれません。

 

そんな風に悪い癖に自分で気付けていないかもしれないと不安があっても、周りに相談出来る人が居ないと悩んでいる人は、結婚相談所の入会をおすすめします。

 

これこそ自分が求めていた場所かもしれない、と思う人が多いです。

 

結婚相談所というのは理想的な相手を見付ける為に役立つだけでなく、自分が何故に結婚出来ないのか理由を探す為の場所にもなってくれます。

 

そこで幾つかの相談をしている間に、自分には何か悪い癖が無いのか見付けてほしいという事を、スタッフの方に伝えておけば自然と自分を観察してくれるものです。

 

その際に座り方や喋り方などで気になったポイントを教えてもらえば、これは確かに相手からも嫌がられる癖かもしれないと気付く事も出来るでしょう。

 

そういった直すべき悪い癖に一つずつ気付いていく事こそ結婚する為の第一歩であり、ただ身だしなみを整えるだけで自分をよく見せようとする行為よりも安心感を覚えられます。

 

その安心感こそが異性の前に立っても緊張せずに済むポイントであり、緊張しすぎたせいで相手に格好悪く見られないか不安だという方にはありがたいものです。

 

スタッフからアドバイスを貰えるのは癖の指摘だけでなく、話し方やトークの話題の振り方など多岐に亘ります。他人と話すのが苦手という方は自分を変えるつもりで門を叩いてみましょう。

 

自力で悪い部分を矯正するためのポイント

婚活サイトをメインの活動の場にしている方にとっては、自力で悪い部分を見つけて直していかなればなりません。自分を省みる場合に一番直すべき要因として考えられるのは、基本的なことができていない可能性があることです。

 

直接会って話をするわけではないので、ルックスやファッションは影響しません。また、異性との会話が苦手でも、婚活サイトの中ではそれはわかりません。なのに、なぜかリアルで会っているのと同じように、相手から避けられてしまうという人は、次のようなポイントを確認してみましょう。

 

直接会っているわけではないのに、メールの段階ですでにモテないオーラを出してしまっている人はいます。そんな時は、相手の立場になって考えてみることが重要です。

 

プロフィールを見るとき、写真を一番最初に見るという人は多いです。写真が好みではなかった場合、その時点でそれ以上プロフィールを読まないということもあります。顔に自信がなくとも、清潔で明るい雰囲気を醸し出している写真を載せることで、好感度は全く違ってきます。

 

メールの文面でも矯正できる部分があります。自分はモテないということを伝えることは構いませんが、内容が暗すぎたり、ネガティブすぎたりすると、この人とは会いたくないと感じてしまいます。

 

ネガティブな感情は、一緒にいる人にも伝わってしまいますので、なるべくポジティブに物事を考えるようにしておきましょう。一緒にいて明るくなれるような人はモテるもの。まずは騙されたと思って実行してみましょう。

関連記事

  1. 【婚活体験談】マッチングアプリも意外と使える
  2. 理想にこだわり過ぎると婚活は上手くいかない
  3. 婚活サイトで外見、見た目はどこまで大事なのか?
  4. 中高年の婚活にオススメな出会いのコツ
  5. 友人が婚活を始めました
  6. 出会いを増やすためにやるべきことについて
  7. 婚活に潜むリスクと回避法
  8. 婚活は一人でやるべき?複数でやるべき?
  9. 疲れない婚活のために出来ること
  10. 男性が婚活サイトで気をつけたいこ